東和耐火について

東和耐火の歩み

東和耐火の始まり。会長の言葉
 始まりと言ったって、実に他愛もない感じだよ。何かが始まるときっていうのはね、運が大きく作用したりする。縁もあるよね。この会社もまさにそうだった。私の同級生にアメリカとの合弁会社(不定形の耐火物)にいたのがいてね。私は家業のマグロ漁業が斜陽化していたので事業の転換を考えていた時期なので積極的に面倒を見るからその仕事をしようなんていったもんだから、実際すぐ具体的な話が来た時はやるほかなくてさ。アメリカとの合弁会社から分裂した形のできたばかりの会社が、工場建てちゃったんだよ。マッチ箱作るんじゃないんだから、億って資金がいるんだよ。のるかそるかでしょう。それに、土地買って工場建てただけじゃ品物はできないよね。最終的にあの時代に岐阜工場だけで、土地や建物、設備で6千万円かかったんだよ。昭和42年。これが今の東和耐火の始まり。

 それでもね、なぜやっていけると思ったか。それは特許技術もノウハウも持ってたから。実際に大事なのは特許よりもノウハウだけどね。あとは技術向上していけばいい商品ができるし、必ず売れるんだよ。そこで大事にしたのが人だよね。人材。これが大事。だから、昭和42年に創業したばかりの会社だったのに、45年からは連続して理系の大卒者を採用したんだよ。開発と技術に重点をおいて、人を育てていくことに重きをおいた。創業者というのはね、人間的な部分が多くないといけないと思う。人情家の側面がないと結局人はついてこない。少々会社が損したっていいじゃないか、くらいでないと。創業者の魅力っていうのはそういう面からくるもんじゃないかな。もちろん運の強さも必要だよ。あとはその都度のひらめきかな。これも大事だと思うよ。人は会社の基本だから。大事なのは、その人がいかに技術を磨くか、開発すればいいってものじゃないよ。開発したものを技術として磨いていく。そうやって技術を磨いていくことで正直にお客様に対応していく。その姿勢が大切なんだよ。その姿勢を貫くのは結局ひとだから、そういう意味でひとが東和耐火の基本になってると言うことだよね。
沿革
1967 2月
7月
11月
資本金900万円にて設立
資本金1,000万円に増資
資本金3,000万円に増資
1968 4月
5月
12月
大阪営業所開設
岐阜工場第一期工事完成
水島事業所開設、岐阜工場第二期工事完成
1969 2月
10月
資本金5,000万円に増資
千葉事業所開設
1970 2月
12月
岐阜工場第三期工事完成、九州営業所開設
岐阜工場第四期工事完成
1971 10月 名古屋営業所開設
1973 2月
10月
資本金5,500万円に増資
岐阜工場事務所及び研究室新設工事完成
1975 5月 資本金1億1,000万円に増資
1980 7月 岐阜工場製造設備増設工事完成
2001 1月
9月
ISO9001取得
本社を中央区新川2-22-1に移転
2005 5月 資本金9,900万円に減資
2017 9月 本社を中央区日本橋茅場町1-13-12に移転