建材

FFO工法

FFO工法
リニューアル工事に威力を発揮する 吹付けコンクリート工法 私たちTOWAが開発した吹付け工法(FFO工法)は、吹付け躯体工法としてリニューアル工事に威力を発揮しています。FFO工法は、強度や接着性に優れた専用材料にノズルの先端で水を加える乾式吹付け工法で、配筋後の型枠も増設壁の場合片側だけでなく、1度に600mm以上の厚さを吹付ける事が出来る画期的な工法です。 病院、学校、オフィスビルなど、建物を使用しながら施工が可能で、工期的に厳しい耐震補強工事などに多くの使用実績があります。吹付け用ホースは距離250m以上に対応でき、軽量で且つホース設置位置が柔軟自在な為、地上階から地下までの広い範囲の施工が可能です。また高架道路の下面増し打ちなど、新たに土木関連リニューアルへの展開をはかっています。