業務内容

製造・販売

製造
厳しい品質管理下での製造一貫システム
 製造セクションでは、原料買い付けから製造出荷まで一貫した厳しいチェック体制で製品づくりに取り組んでいます。不定形耐火材の原料として取り扱う鉱物や化学物、薬品等の種類は800種以上におよび、その多くは純度の高い鉱物を産出する中国、オーストラリアをはじめとする世界十数ヵ国から輸入しています。
 これらの原料は、岐阜工場において、コンピュータ管理による厳しい品質管理体制のもと、粉砕・混合・梱包までの一貫システムによって製品化されています。また、加工においては、施工方法に合わせた形状(粒状や粉末状、粘度状など)に粉砕・加工され、出荷されます。
販売
ベストパートナーとしての責任と自負をもって
 私たちTOWAにおける販売活動のモットーは、「ニーズと信頼に応える製品の提供」、「メンテナンスにいたるまでの一貫した総合サービス」です。たとえどんなに素晴らしい製品を提供しても、顧客ニーズにフィットしなかったり、メンテナンスまでのアフターフォローが徹底していなければ、決してそこには「信頼」は生まれません。つまりは、ベストパートナーとしての責任と自負をもって顧客と接していくことこそ、最重要課題であると考えています。
研究・開発
徹底した調査・分析から最大限の特注を引き出す
 不定形耐火の最大の特徴は、その原料となる鉱物等の組成を自在に混合させることができる点です。私たちに求められる耐火材は、多種多彩。そのためにも、それぞれに最も適した耐火材を作り出すことが必要となってくるのです。研究・開発セクションでは、スペシャリストたちによる原料の粒度分布状態や鉱物の組成チェック、同じ使用条件下でのテストを繰り返しながら、最適で、しかも高品質・高性能の製品の研究・開発に取り組んでいます。
 さらに、既設の施工物についても、その仕様経過の状態をミクロ的に徹底的に調査することも怠りません。反応生成物を分析することで、より良い状態を維持するためです。耐久性が何よりも優先される耐火物においては不可欠なことです。そして、この分析調査結果は、さらに新しい開発に向けての研究材料としての貴重なデータとなって積み重ねられているのです。